介護システムの導入と仕事の効率化

subpage01

介護保険法の下で運営されている介護事業所や福祉施設は日々多くの記録整備を義務付けられています。



その記録とは、基本情報や利用者の日常生活情報、個人記録に大別されます。


現場に於いても日々の仕事の内容は利用者ケアは勿論の事ですが、意外と記録関係のウエイトも多く占め時間外で記録整理する職場も多いのです。しかも手書きでこれらの業務をこなす事はとても大変な事です。
これをコンピューター等でシステム化する事により仕事の効率も格段と上がります。例えば基本情報1つにしても、利用者情報から始まり予定表、居室管理、ケアプラン作成までの記録。


日常生活情報に至っては、業務日誌から連絡支援ノート、チェックシートなどがあります。

現場は更に大変で、一人ひとりのケース記録や食事、入浴、排泄当の管理、医療面におけるバイタル記録など膨大なデーターを記録として残さなければなりません。

少なからず福祉業界は人材不足に陥っている為、これらの事を1つの介護システムとして構築すれば、飛躍的に日々の業務の効率性が上がります。

産経ニュース選びをお手伝いします。

また、年配スタッフはパソコン等は毛嫌いする傾向にありますが、マスターを作成しておけばワンクリックで入力できますし、更にグループ化で設定すれば一括入力も簡単に出来ますので、それ程介護システムの操作は難しくはありません。今はタブレット型もパソコンと連動しており、場所を限定せずどこからでもワンタッチで記録入力ができます。
また介護システムの最大の魅力は、上述した一連の記録情報を統計分析として使用出来る為、集計管理としても役立つシステムです。