介護予防・日常生活支援総合事業の内容

subpage01

介護予防・日常生活支援総合事業とは、今後ますます要介護者が増え財源確保が難しくなる見通しの中で、介護保険サービスのうち、介護の必要性が比較的低いとされる要支援者やその前の段階にある高齢者に対して、予防的な支援を行う事により身体機能の重度化を防ぐ目的があります。


その様な目的から介護保険制度の改正があり、介護予防サービスの一部が自治体の総合事業へ移る見直しを行う事になりました。

介護のシステムを成功させたい人に必見の良い情報をご紹介します。

改正の内容は、医療と介護を一体改革に向けた第一歩として、医療から介護へ、施設から在宅への方向改革を行いました。


そして、団塊の世代が後期高齢者75歳以上になると、更に要介護者が増えるので、重度な要介護状態になっても住み慣れた地域で、自分らしい人生を最後まで続ける事ができるような仕組み作りとして、地域包括ケアシステムを確立しました。この様な事を全て踏まえて、介護予防・日常生活支援総合事業と呼んでいます。以前は介護保険の制度の下、介護施設や福祉事業が行ってきたサービスを介護予防・日常生活支援総合事業として、今後は民間によるサービスや地域の住民が主体となる支援、住民ボランティアによる見守りサービスも行う様になりました。

朝日新聞デジタルサイト利用者からとても評判です。

平たく言いますと公的サービスに頼る前に、地域住民皆で介護予防を行うシステムを作る事にあります。


しかし、自治体により介護予防・日常生活支援総合事業の構築が追いついていない自治体や反対に法改正が入る以前から積極的に似たような支援を取り組んでいる自治体もあります。



知っておきたい常識

subpage02

平成28年度より新たに開始された介護サービスである「介護予防・日常生活支援総合事業」。これはこれまでに要支援の高齢者に提供されていたサービスに加え、より地域に密着したサービスを提供することで、無理せず地域でより長く暮らしていけるよう支援するサービスです。...

NEXT

いまどきの福祉

subpage03

介護保険によるサービスを受ける場合、必ず必要となるのが「ケアプラン」です。「ケアプラン」とは、現在の問題点を解決するにはどうすべきか、そしてその問題を解決するためには、どのサービスをどれだけ利用するかを計画したものです。...

NEXT

初心者向き福祉

subpage04

介護予防・日常生活支援総合事業とは、65歳以上対象(介護保険対象年齢)の要介護状態の防止のためのサービスのうち、現在のデイサービスとホームヘルパーの利用部分に関して、平成29年4月から制度が改訂されたものです。具体的な対象者としては、日中やや閉じこもりがちの高齢者の社会参加や運動などのプログラム、買い物や掃除といった日常的な家事支援など全般を支援してもらいたい方が同事業に申し込みをして、対象となる方にサービスを提供します。...

NEXT

ITをよく学ぶ

subpage04

介護保険法の下で運営されている介護事業所や福祉施設は日々多くの記録整備を義務付けられています。その記録とは、基本情報や利用者の日常生活情報、個人記録に大別されます。...

NEXT